pereの競馬予想 過去から未来を考える日記

pereの競馬予想日記です。競馬予想の過程や復習、ツールについて記録していきます。

NHKマイルカップ2021

NHKマイルカップ2021の予想を記録します。

 

・基本ハイペースで、ハイペースをどこまで持続できるか勝負のようなところがある。

・そういう意味では短距離っぽさがある。

・東京左回りなので、中山で好走した馬を字面通り受け取るのはリスキー。

ダンチヒの血はあったほうがよさそう。

・前走負けて挑んだほうが良い。

・前走桜花賞皐月賞の馬には要注意。

・内枠は少し割引。

 

 

もともとピクシーナイトは出てきたら買おうと中京のシンザン記念を見て考えていました。18番ですが、好調福永騎手ですし、前走はうまく?負けましたし狙いどころかなと考えます。

続いて、ソングラインは桜花賞でメイケイエールにぶつけられた影響はありましたが、馬柱を見ると、右回りの阪神で大敗して左回りの東京や中京でしっかり走るという成績でもあります。桜花賞は外を回した中ではサトノレイナス以外撃沈であったわけなので、東京のここでもう一度期待して良いのではないでしょうか。

人気のグレナディアガーズとシュネルマイスターはどちらかは馬券になると思っています。バスラットレオンは中山1600重賞勝利からの参戦ということで割引です。

 

馬券は、ピクシーナイトとソングラインの単勝、ピクシーナイトとソングラインの馬連ワイド、(ピクシーナイト、ソングライン)から(グレナディアガーズ、シュネルマイスター)への馬連ワイドフォーメーションで。

天皇賞・春2021

天皇賞・春2021の予想を記録します。

 

・実績の少ない阪神芝3200で、1周目は外回り、2周目は内回り。

・馬だけでなく騎手も経験が少ない。

・カンテレ競馬YouTubeチャンネルの福永騎手の解説動画は参考になる。

・1週目はスタートから最初のコーナーまで距離があるので枠の差は比較的小さくなるが、ある程度前目のポジションを取っておかないと2周目第3コーナーから位置を押し上げていくのはかなりきついことになる。

・ということは枠順に関わらず、前目で競馬する馬から狙いたい。

 

 

内から、アリストテレス、カレンブーケドール、ディープボンド、ウインマリリン、オセアグレイト、オーソリティの6頭馬連ボックス。

皐月賞2021

皐月賞2021の予想を記録します。

 

・なんとなく4枠6枠はよく馬券になっている。

・クラシックレースなので当然ノーザンファーム産は走る。

・父か母父はサンデー系で芝中距離適性ある方がいい。

皐月賞はマイルっぽさもあっていい。

・道中ペースが速い。

・今年は道悪。

・土曜の中山芝は7枠8枠がよく馬券になっていた。

①(グラティアス、レッドベルオーブ、ディープモンスター)

②(ヴィクティファルス、ダノンザキッド、タイトルホルダー)

 

①のワイドボックス、①から②へワイド流し

 

道悪の時は京成杯勝ち馬、マイル実績しかないけれどだからこそ妙味のある馬、個人的に高評価のすみれステークス勝ち馬に期待。

相手は、道悪実績のある馬、昨年のこの舞台で実績のある馬、中山実績のある馬。

 

桜花賞2021

桜花賞2021の予想の過程を記録します。

 

・基本的に春の3歳牝馬の目標になる。

・7枠8枠のどちらかはよく馬券になる。

・ダービーやオークス狙いの血統より、少し欧州的な感じもあったほうがいい。

・通常の馬場状態や展開なら上がり3ハロン最速だと馬券になる。

・ミドルからハイペースを想定。

 

前走がミドルかハイペースで上がりの速かった馬を優先したいです。

ソングライン、アールドヴィーヴルが該当します。次点でファインルージュとミニーアイル。

(ソングライン、アールドヴィーヴル、ファインルージュ)から、(ここまで挙がった馬と1~

3番人気のソダシ、サトノレイナス、メイケイエール)へワイドでフォーメーションを組みます。

 

 

大阪杯2021

大阪杯2021の予想の過程を記録します。

 

・勝ち馬実績からノーザンファームっぽさは向いている。

 

・父サンデー系または母父サンデー系が推奨。

・過去10年の結果を眺めると、3枠と8枠が目立つ印象。

・雨が降るかもしれない。

・ペースはスロー気味。

 

網を張る感じでいきます。

サリオス、ブラヴァス、コントレイル、レイパパレ、グランアレグリア、アドマイヤビルゴの馬連ボックス。ただし、(サリオス-コントレイル)、(コントレイル-グランアレグリア)の組み合わせは買いません。

高松宮記念2021

高松宮記念2021の予想の過程を記録します。

 

・勝ち馬実績からノーザンファームっぽさは不要。

・持論としてNHKマイルカップ勝利馬はよく絡む。

・今年のシルクロードSは中京開催だった。

・モズスーパーフレアのペース。

ディープブリランテ産駒は中京の芝でこそ注目したい。

・和田竜騎手は昨年の忘れ物を取りに来る?

 

ラウダシオンの単、ミッキーブリランテの単複。